ログイン 新規登録
 注文追跡  資料変更
 郵便追跡  お気に入り
 
Home  |  会社概要  |  注文案内  |  漢方精力剤  |  媚薬  |  健康美容  |  中華食材  |  漢方薬  | 北京同仁堂  | よくある質問  
Muira Puama(ムイラプアマ)性欲粉 : Muira Puama(ムイラプアマ)性欲粉服用後5分で興奮、燃え上がってしまう魔法の粉です。アマゾン河流域に原産するMuira Puama(ムイラプアマ)は、さまざまな目的で原住民に愛用されてきたハーブです。とくに、昼も夜も元気いっぱいがんばりたいという男性から人気を集めています。まだまだこれから「現役」を楽しみたい!そう感じる男性はもちろん、肉体労働や激しいスポーツの後などにも、試していただきたい強壮剤です。
 ショッピングカートを見る
   会員窓口
   ムイラプアマ(Muira Puama)とは 関連情報
ムイラプアマの利用法
ムイラプアマ(Muira Puama)とは
   女性用媚薬一覧
  ・ 金威哥
  ・ チューイン最新催情ガム
  ・ American Red ant
  ・ Libigirl
  ・ 99神油(女用)スプレー
  ・ LOVE SEED(情種)  
  ・ CAYENNE(カイエン)催淫剤
  ・ アメリカ偉姉(催情粉)
  ・ 偉姐
  ・ 快活棒(マズラ)
  ・ 公主欲液
  ・ タイ極品銀狐迷情粉
  ・ Ardour sex催淫パウダー
  ・ 蝴蝶夫人(Butterfly Lady)催情水
  ・ レッドスパイダー(RED SPIDE)
  ・ 維高(VIGAL)
  ・ 狂潮嬌娃 Passion Angel
  ・ USA 情魔水
  ・ 花痴(粉劑)
  ・ 蒼蝿粉
  ・ vov催情粉
  ・ 高潮夜スプレー  
  ・ ムイラプアマ性欲粉【試用媚薬】
  ・ KYジェリー
  ・ VANA丸奈女性外用凝露  
  ・ 迷姦粉(デートレイプ パウダー)
  ・ 催淫剤インモラル  
  ・ カーマスートラ(Kama Sutra)  
  ・ 女欲霊塗る媚薬
  ・ 興奮剤German Black Widows
  ・ 催淫剤パリの恋人
  ・ 強力催情水520  
  ・ 今宵愛液  
  ・ ハイガール(Highgirl)催淫水
  ・ 催淫剤Blue Fairy  
  ・ 傾情コーヒー【試用媚薬】
  ・ 蒼蝿水FLYD5【試用媚薬】
  ・ 花痴水【試用媚薬】
  ・ 紅蜘蛛液体【試用媚薬】
  ・ 催淫剤スペインガール【試用媚薬】
  ・ 紅蜘蛛粉劑【試用媚薬】
  ・ 偉姐催淫スプレー  
  ・ Sex Powder【試用媚薬】
  ・ スペイン昆虫粉【試用媚薬】
  ・ 催情丹
  ・ 日本セクシー精華
  ・ Motivator(モチベーター)
  ・ Muira Puama(ムイラプアマ)性欲粉
  ・ Sexthrall(性奴催淫液)
  ・ スペインD8催淫液
  ・ スペインGold Fly催情剤
  ・ 失貞粉(Lose Chastity)
  ・ 狂潮夜スプレー  
  ・ 媚薬WOMEN NO.1
  ・ Sex Powder
  ・ 10度ジェリー(潤滑剤)  
  ・ 失貞水
  ・ ドイツ小愛人
  ・ 蔵妃催情濕巾  
  ・ 強力催淫水
  ・ 強力催眠迷幻水  
  ・ 黒寡婦(BLACK WIDOW)  
  ・ 「男歓女愛」スペインExcite  
  ・ 催淫剤 スペインガール  
  ・ D9(INVERMA原液媚薬)  
  ・ 傾情コーヒー
  ・ 絶対高潮  
  ・ 西班牙蒼蝿水
  ・ 花痴
  ・ 蒼蝿水FLY(D5)
  ・ D6 催情剤
  ・ 西班牙昆虫粉
  ・ 紅蜘蛛(赤いクモ又はベニクモ 粉劑)
  ・ 紅蜘蛛(液体)  

  男の宝堂漢方薬局 -> ムイラプアマ(Muira Puama)とは
ムイラプアマ(Muira Puama)とは

ムイラプアマ(Muira Puama)とは

 ムイラプアマ(Muira Puama)は南米からの贈り物・天然強壮植物。ムイラプアマは、南米のアマゾン流域や湿地帯に生育する潅木です。先住民インディオにより伝承されてきたハーブです。ムイラプアマには、根から葉まで利用できない部位はありません。ムイラプアマは医薬品として、栄養ドリンク剤によく使用されています。


 ムイラプアマ/Muira Puama

使用部位:樹皮、根、茎

伝統的利用法:ムイラプアマに含まれる多くの有効成分が水溶性でないことから、アルコールチンキとしての利用が最適と考えられます。1回1〜3mlを1日2回が摂取量の目安となります。伝統的には、ティースプーンに1杯程度のムラプアマの樹皮か根の粉末を1カップの水で 沸騰しない程度に弱火でコトコト15分ほど煮詰め、強壮剤として用います。1日1/3〜1カップが摂取量の目安となります。

禁忌と薬の相互作用:報告がありません。

一般名:Muira puama, potency wood, marapuama, marapama, muirat?, muiratam, pau-homen, potenzholz



ムイラプアマは、アマゾン熱帯雨林とブラジル北部原産の高さ5m程の低木で、『性機能を増強する木』として知られています。小さな白い花とピリッとしたジャスミンのような香が特徴的です。Ptychopetlum属に分類される植物は7種しかなく、そのうち5種がアフリカ熱帯産で、南米熱帯産は2種類しかありません。"P. olacoides"と"P. uncinatum"で前者はブラジル、フランス領ギニア、ガイアナ、スリナムで見ることができ、後者は主にブラジルにのみ自生しています。南米のハーブ医療では、"P. olacoides"と"P. uncinatum"は互換的に利用されていますが、ルペオール(植物由来の有効成分)が多く含有されているので、一般的に"P. olacoides"の方が好まれているようです。"Liriosma ovata"のことをブラジルではムイラプアマと呼ぶ場合がありますが、これは全く別の種類の植物です。

 ムイラプアマには利用できない部位がなく、根から葉の先端まで薬草として利用されていますが、その中でも特に根と樹皮が最も頻繁に用いられます。アマゾンでのムイラプアマ利用の歴史は古く、またその用途は多岐に渡っています。アマゾンの支流リオネグロ川沿いの先住民部族では、ムイラプアマの若木の根と茎を強壮剤として、神経筋肉の不調の治療に用いてます。根の煎じ茶を風呂に入れたり、マッサージに利用し、麻痺や脚気の治療に用いています。また、根と樹皮から作るお茶は経口摂取し、薄弱な性的能力、リューマチ、流感、心臓や胃腸機能衰弱の治療に用いられています。また、ハゲの予防薬としても重宝されています。ブラジル産ハーブの中でもムイラプアマは媚薬として、或は強力な性的興奮剤として高く評価されています。1950年代以来、ムイラプアマはブラジル薬局方に登録されていて、神経筋肉の強壮剤としての応用範囲は広く、消化不良、生理障害、慢性リューマチ(局所的に)、性的インポテンツ、流感、手足の運動失調症、中枢神経障害、無力症、麻痺があります。


 



Google
 
+ ご利用規約 + 会社概要 + 注文案内 + 相互リンク + お支払い方法 + お問い合わせ + 代理募集 + 媚薬、精力剤関連情報 +
販売者名:男の宝堂漢方薬局   電話番号:0086-21-58606055 郵便番号:〒200062
所在地:中国上海市普陀区中山北路3523号(金沙江路)富伸大厦1F
Copyright ©2006-2014  danhoudou.net